掲示板

70890
名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

たびたびの質問大変申し訳ありません。 YA

2017/07/12 (Wed) 21:47:25

医療で酸素分圧を上げる場合
① 酸素濃度の”0.21”を上げる(酸素療法)
② 大気圧の”760”を上げる(高気圧酸素療法、民間では酸素カプセル)となります。
∵ 血中溶解酸素=0.003×PaO2[mmHg]
医療用酸素濃縮器(酸素療法)は、何らかの呼吸機能障害で、酸素のガス交換能が落ち、動脈血の酸素が低下し、末梢組織への酸素供給不足状態を高濃度の酸素を吸うことで改善することを目的としています。


と教えて頂きました

PaO2=(PB大気圧-47)×FlO2酸素濃度-PaCo2/0.8-AaDO2

の式から推測致しますと。PaO2を上げるには、
PBを上げる以外にFlO2酸素濃度を上げる事でも
上がり、∵ 血中溶解酸素=0.003×PaO2[mmHg]
血中溶解酸素も上がる事になるのではないかと考えています。

酸素カプセルの宣伝には、PBを上げない限り、血中溶解酸素
は上がらないとの記載を度々見かけます。
そうすると、医療用酸素濃縮器も酸素のガス交換能が落ち、動脈血の酸素が低下し、末梢組織への酸素供給不足状態を高濃度の酸素を吸うことで改善する効果しか無いとの結論になるのでしょうか? よろしく、お願いいたします。

Re: たびたびの質問大変申し訳ありません。 - 管理人

2017/07/15 (Sat) 02:24:03

YAさん、返信ありがとうございます

>酸素カプセルの宣伝には、PBを上げない限り、血中溶解酸素は上がらないとの記載を度々見かけます。

「PBを上げない限り」という記載は誤りだと感じます。
仰られている通り、FiO2を上げることで上昇しますので


>医療用酸素濃縮器も酸素のガス交換能が落ち、動脈血の酸素が低下し、末梢組織への酸素供給不足状態を高濃度の酸素を吸うことで改善する効果しか無いとの結論になるのでしょうか?

浅学ながら、私見ではそう考えております。

何度も質問し大変申し訳ありません。 - YA

2017/07/01 (Sat) 23:08:48

酸素投与による血管の収縮 酸素が体に回らない防御機構との
記述を読んだ事があります。

過剰な溶解酸素は必要としない(血中飽和度がきちんとされて
いれば)
場合血管が収縮し余分な酸素がまわらないようにする。

このような働きの名称又科学的計測論文等は公開されているでしょうか?

通常の溶解酸素濃度より濃度を上げる事は脳や心臓で軽い
酸素欠乏症になる可能性があるのでしょうか?

健康をうたい文句の酸素カプセル等は酸素欠乏(過剰酸素吸収
により血管収縮)により脳の活動低下、心臓の活動低下により
脈がゆっくりとなりリラックス感という心的幻覚があるからと
考えてよいでしょうか?

医療用酸素濃縮器(医療用酸素高圧器は除きますが)は
酸素をより多く取り込ませる意図よりは心臓や肺に疾病・障害
の」ある患者さんに呼吸によるエネルギー消費を低減し
心臓や肺の負担を軽減する事がその、本質ととらえて良いでしょうか?

Re: 何度も質問し大変申し訳ありません。 - 管理人

2017/07/03 (Mon) 00:17:33

YAさん、メッセージありがとうございます

私は、脳の血管作用については詳しくはないのですが、
脳の血管に作用するガスとして知られているのは、
二酸化炭素(CO2)と一酸化窒素(NO)です。
ともに、上昇すると血管を拡張し、低下すると収縮させる作用があります。

動脈血の酸素分圧(溶解酸素)の変化が、直接的に脳の血管へ作用するという話は浅学なため知りません。

ただ、
>通常の溶解酸素濃度より濃度を上げる事は脳や心臓で軽い
酸素欠乏症になる可能性があるのでしょうか?

に関しては、ないと言えます。
脳や心臓は、人間が生命を維持するための重要臓器であるため生理的な反応として溶解酸素濃度の上昇で脳や心臓が軽い酸素欠乏症になることはないです。


酸素カプセルに関しても、民間の健康器具なので詳しくはないのですが
酸素カプセルは、カプセルの内部の気圧を標準気圧以上に加圧させる装置ですので、動脈血の酸素分圧を上昇させ、溶解酸素を上昇させる効果はあります。
その溶解酸素の上昇により、上記に記載しましたが脳血管が収縮し脳が酸素欠乏に至ることはありません。


医療用酸素濃縮器(酸素療法)は、何らかの呼吸機能障害で、酸素のガス交換能が落ち、動脈血の酸素が低下し、末梢組織への酸素供給不足状態を高濃度の酸素を吸うことで改善することを目的としています。
呼吸によるエネルギー消費を低減する目的ではありません。
肺でのガス交換能低下を高濃度の酸素を吸入することで血中の酸素化を改善することが目的です。

丁寧な回答ありがとうございます。 - YA

2017/07/01 (Sat) 16:02:13

溶解酸素濃度を簡単に計測する装置等はあるのでしょうか?

Re: 丁寧な回答ありがとうございます。 - 管理人

2017/07/01 (Sat) 21:12:00

YAさん、ご質問ありがとうございます


溶解酸素濃度を実測するものは、工業用ではあるようですが、医療の臨床の現場では使用されていないと思います。

ただ、PaO2が測定できれば理論値(計算値)として算出できますので、動脈血を採血し血液ガス分析装置でPaO2を測定すれは簡単に測定できます。

∵ 血中溶解酸素=0.003×PaO2[mmHg]

丁寧な回答ありがとうございます。 YA

2017/06/28 (Wed) 21:50:27

もうひとつ、質問ですが、

(760-47)x0.21-40/0.8=100mmHgが平均的酸素分圧と
考える場合。
高濃度酸素(大気圧露点温度は加湿器等で通常大気湿度)は
”0.21”を上げる事により、100mmHgをupさせ、酸素の吸収を
上げて。
酸素カプセルは全体に掛かる圧力を上げて100mmHgを上げて
酸素の吸収を上げる。
大気圧露点温度の低い空気は”47”を下げて、僅かですが
100mmHgを上げて酸素吸収を上げる。
血中飽和度は直ぐに飽和するので、吸収UP分の酸素は
溶解酸素が上がる。この理解でよろしいでしょうか?
溶解酸素(ヘモグロビンと結合していない)は健康に問題の無い人の場合良いのでしょうか?悪いのでしょうか?

Re: 丁寧な回答ありがとうございます。 - 管理人

2017/07/01 (Sat) 01:09:40

ご質問ありがとうございます。

医療的な観点でお話しいたしますが、

医療で酸素分圧を上げる場合
① 酸素濃度の”0.21”を上げる(酸素療法)
② 大気圧の”760”を上げる(高気圧酸素療法、民間では酸素カプセル)
となります。

>大気圧露点温度の低い空気は”47”を下げて、僅かですが100mmHgを上げて酸素吸収を上げる。

という考えは、医療的観点では行いません。
通常、口又は鼻で空気を吸入する場合、鼻・口・上気道で加温、加湿され、37℃の飽和水蒸気圧の47mmHgとなり下がりません。
前述させて頂いた通り、人工呼吸器などを使用で人工気道を介した場合には下げることは可能ですが、細胞障害や気道閉塞、感染症などで肺炎を起こさないよう加温加湿を行い37℃の飽和水蒸気圧の47mmHgへ上昇させます。
僅かな酸素分圧上昇のために、ガス交換の要である肺を悪くしてしまっては元も子もありませんので


>血中飽和度は直ぐに飽和するので、吸収UP分の酸素は溶解酸素が上がる。この理解でよろしいでしょうか?

その理解で大丈夫です。
PaO2 100mmHgであれば、通常赤血球のヘモグロビンの酸素飽和度は100%となるので頭打ちとなります(酸素含量 ヘモグロビン 14g/dlで18.76)。
PaO2 100mmHg以上にあげた場合、上がるのは溶存酸素となりますが、上昇はわずかです。
PaO2が300mmHgでも酸素含量 0.9

>溶解酸素(ヘモグロビンと結合していない)は健康に問題の無い人の場合良いのでしょうか?悪いのでしょうか?

活性化酸素が増産され、細胞障害などを引き起こすと言われており、必要以上の酸素は、健康に悪影響をもたらします。
そもそも、高濃度の酸素は、毒性が強く。
40%以上酸素を長期間吸入し続けると、肺や筋肉、眼などに悪影響を及ぼします。
新生児など特に注意が必要で高濃度の酸素で失明することがあります。


過ぎたるは及ばざるが如し

無題 - YA

2017/06/25 (Sun) 14:50:18

興味深く呼吸生理補足を読みました。

ひとつ、質問ですが、酸素21%通常混合気体でも大気圧露点温度が低い(除湿された気体)
であれば、肺の水蒸気47mmHgが変化し、酸素の吸収が僅かでも高くなるのでしょうか?
回答頂ければ幸いです。

Re: 無題 - 管理人

2017/06/27 (Tue) 16:54:03

YAさん、ご質問頂きありがとうございます


乾燥空気のまま肺胞に吹送した場合、肺胞の酸素分圧は上昇します(約PAO2=150mmHg)。
この状況は、気道挿管や気道切開された人工気道より、加温加湿されない空気を人工呼吸などで吹送された場合に起こりえます。
人工呼吸器のガスはボンベや中央配管からきており、水分はほとんどありません
又、生体では、鼻・口・上気道で加温、加湿されるのですが、
人工気道を介した場合、そこを人工物でショートカットされ、ほぼ加温加湿されずに肺胞にガスが吹送されます。
では、この状態で呼吸を行うとどうなるかというと
気管・気管支の細胞損傷、痰が粘調となり気道閉塞、感染症などが起こりえます。

ですので、乾燥空気を肺胞に吹送した場合、理論上酸素分圧は上昇しますが、
細胞障害や気道閉塞、感染症などで肺炎を引き起こし生体的には良い結果をもたらしません。

又、肺胞酸素分圧が100mmHgが150mmHgに上昇した所で血液中に含まれる酸素の量は、正常な肺であれば変わりません。
それは、血中にある酸素運ぶ細胞である赤血球が、酸素分圧100mmHg以上であれば、酸素を持てる量が100%(酸素分圧150mmHgでも100%)となり、それ以上がらない為です。
そのことについては、下記に簡単に記載しています。
http://www.eonet.ne.jp/~hidarite/ce/kokyuu03.html

長々と書きましたが、
肺は水蒸気圧37℃47mmHgがあって、体へ上手に酸素吸収することが可能となります。

難しく深く書いてしまっているので、わからない点があればご質問ください。

無題 - T

2017/05/24 (Wed) 06:51:42

初めまして。非常に恥ずかしい話なのですが、3年過程の専門学校で5年かかって卒業し、未だにME2種も国家資格も取れていません。
諦めかけていたのですが、心境の変化がありまして、今からでも臨床工学技士として就職出来るように頑張りたいのですが、可能でしょうか?

Re: 無題 - 管理人

2017/05/29 (Mon) 19:42:14

Tさん、はじめまして

可能かどうかを決めるのは、
Tさん自身です
諦めなければ、道は続きます

誰が何と言おうとも

無題 - T

2017/06/03 (Sat) 08:53:52

管理人さん、お返事ありがとうございます。
このサイトを参考にさせていただきながら、頑張っていきたいと思います。

無題 - パチクリーピ

2017/05/12 (Fri) 20:21:13

安全管理工学その3のMDのところですが、
図があってその下に「スイッチSは、…接点2側に切り換え…」とあるのですが、スイッチSはどこにあるのですか?

Re: 無題 - 管理人

2017/05/14 (Sun) 20:58:37

パチクリーピさん、ご質問ありがとうございます

スイッチSですが、旧JISではあったのですが新JISに変ってなくなってしまいました。

新JISに対応するため画像を変更したのですが、
それに対応する説明分の編集を忘れておりました。

おそらく、スイッチSの部分は試験に出ることはないとも思いますので削除させて頂きます。

戸惑わせて、申し訳ござません。

無題 - cera

2017/04/18 (Tue) 00:26:17

いつもお世話になっております。

とある問題に以下の設問があり、誤りが正答となっています。

問)
二酸化炭素はピン方式の配管端末器から供給する。

二酸化炭素は橙色の45°のピン方式端末器より、供給されると国家試験で学んだ記憶があり、当時使用していた教科書にも同様の記載がありました。
上記問題の解説を確認したところ、DISSコネクタを用いるとあります。
調べていてもどっちともつかない内容ばかりで困惑してます。
ご教授いただけると幸いです。

Re: 無題 - 管理人

2017/04/20 (Thu) 02:16:47

ceraさん、こんにちは


問)
二酸化炭素はピン方式の配管端末器から供給する。

上記の設問は、正しいです。

JIS T7101医療ガス配管設備を参考
配管端末器は,誤接続防止のためガス別特定コネクタが必要で
二酸化炭素のガス別特定コネクタの方式は、
 ・ピン方式
 ・シュレーダ方式
 ・DISS方式
が使用されています。
ピン方式の場合、ceraさんが仰る通り橙色の45°となります。



>とある問題に以下の設問があり、誤りが正答となっています。

と記載がありますが、
問題の解説的にはこの設問は正答だったのでしょうか?
又、ceraさん的にはこの設問は誤りだと思われたのでしょうか?

少し、疑問の意図がわからなかったのですが、上記解説で理解して頂けたでしょうか?
疑問にお答えできてないようであれば、返信ください。
その際、可能なら問題文の全ての記載して頂けると回答しやすいかもしれません。


Re: 無題 - cera

2017/04/23 (Sun) 00:04:45

早速のご回答ありがとうございます。
言葉足らずで申し訳ありません。

問題の全文を記載します。

ME1種 20-AM-25
問)医療ガス設備について誤っているのはどれか。

 a.治療用空気の配管端末器における標準供給圧は400kPaである。
 b.治療用空気はコンプレッサで外気を圧縮し、清浄化、除湿して供給する。
 c.合成空気はCEシステムから酸素および窒素ガスを混合して供給する。
 d.二酸化炭素はピン方式の配管端末器から供給する。
 e.亜酸化窒素はDISSコネクタでボンベから供給する。

答) d.e.

解) d.二酸化炭素の供給にはピン方式を用いることはなく、DISSコネクタを用いる。

以上の問いについて二酸化炭素の配管端末器にはDISSコネクタのみ使用され、ピン方式は使用されないと受け取れる解説が記載されており、自身が記憶していた内容と異なることや、教科書、インターネットサイトを参照しても上記について納得ができなかったため質問させていただきました。
管理人様の解説を拝見し、自身の記憶が正しかったようで安心しました。

Re: 無題 - 管理人

2017/04/23 (Sun) 16:37:52

ceraさん、ご返答ありがとうございます。


詳細に問題を掲載して頂いて、疑問が解決いたしました。
ですが結論的には、変わらないので読むに値しませんが、お暇でしたらコーヒーブレイク程度に管理人の推理をお読みください。


ME1種 第20回は、2014年に行われた試験になります。

JIS T7101医療ガス配管設備は、
 1997-07-25 改正
 2006-11-25 改正
 2014-03-01 改正
という流れになっております。

JIS T7101(1997年)の「ソケットアッセンブリとアダプタプラグ間のガス別特定方式」記載は、
二酸化炭素は、DISSとNISTの2つで、
ピン方式とシュレーダー方式は規格としてありませんでした。

これは、CO2配管とホースアセンブリの使用は,患者の頭部側からの麻酔用とは別のもっぱら手術用に患者の下肢側から区別した設置を考えており、その場合CO2配管では,必ずしも自動開閉機構を要せず、圧縮空気と同じように配管側と気腹器側のホースアッセンブリをネジ式コネクタで接続しコックを開いての使用で問題ないと考えられていたからのようです。
その時代、今のように内視鏡手術の普及も進んでいませんでしたから

2006年の改正内容どのようなものだったのか不明なのですが、
おそらく、2014年の改正までは二酸化炭素配管末端にはピン方式は規格としてなかったものと思われます。


ME1種20回試験日は2014年6月で、JIS T7101(2014年)は3月で改正後の試験ではありますが、改正の移行のタイミングであり、ME1種のテキストも改正前のものを使用していたため、解説的にはそのような文言になったのではと思います。
なので、2014年以前は、二酸化炭素のガス別特定コネクタの方式は、DISSとNISTの2つで、ピン方式は誤りとなるようです。

改正のタイミングにこのような問題を出題するのが、そもそも良くないですね。



長くなりましたが、
今年試験を受けられるのであれば、


二酸化炭素のガス別特定コネクタの方式
 ・ピン方式
 ・シュレーダ方式
 ・DISS方式

と覚えていればよいかと思います。

私自身も大変勉強になりました。
ここまで読んで頂きありがとうございます。

MD回路について - na-na

2017/02/09 (Thu) 15:10:54

抵抗1kΩの誤差率が図を見ると5%になっていますが、正しくは1%です。

Re: MD回路について - 管理人

2017/02/13 (Mon) 20:11:45

na-naさん、こんにちは

ご指摘ありがとうございます。
仰る通り、最新のJIS規格では抵抗1kΩ±1%となっております。


MD回路の抵抗1kΩの誤差率に関してですが、
JIS T 0601-1:1999では、抵抗1kΩ±1%
JIS T 0601-1:2012では、抵抗1kΩ±5%
JIS T 0601-1:2014では、抵抗1kΩ±1%

と改訂されており
私が参考にした「臨床工学技士標準テキスト 第2版増補(2015年1月発行)」分に関して、JIS T 0601-1:2012の「抵抗1kΩ±5%」にて記載されていましたので、サイト上でそのように記載させて頂いておりました。

ただ、現在 「臨床工学技士標準テキスト 第3版」が発行されているようで、その最新版を確認していない状況です。

na-naさんが、お持ちの「臨床工学技士標準テキスト」では、JIS T 0601-1:2014の「抵抗1kΩ±1%」の記載になっているのでしょうか?

最新の「臨床工学技士標準テキスト」に合わせたいと考えております。

教えて頂けると幸いです。

Re: MD回路について - na-na

2017/02/15 (Wed) 14:35:37

抵抗1kΩ±1%の記載になっていました!

Re: MD回路について - 管理人

2017/02/16 (Thu) 18:43:29

na-naさん ありがとうございます。

抵抗1kΩ±1%に修正させて頂きました。
教えて頂き、ありがとうございます。

公衆衛生分野において - レトロ

2017/01/15 (Sun) 17:58:01

いつも拝見させていただいております。
公衆衛生分野におきまして、国民医療費などの数字が古いものになっていると思われます。
また、老人保健法から後期高齢者医療制度へと現在は変貌しておりますので、そのあたり変更していただくとより一層わかりやすいと思います。
よろしくお願い致します。

Re: 公衆衛生分野において - 管理人

2017/01/19 (Thu) 02:45:57

レトロさん、こんにちは

公衆衛生の分野を見直して修正したいと思います。
時間はかかってしまうかもしれませんが。。。

ご指摘ありがとうございます。

Re: 公衆衛生分野において - 管理人

2017/01/29 (Sun) 20:06:45

遅くなりましたが、

公衆衛生分野の人口動態統計、社会保障制度などの修正を行いました。

内容的に不十分な点などありましたら、ご連絡ください。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.